大栄建工株式会社大栄建工株式会社

HOMEHOMEお問い合わせお問い合わせサイトマップサイトマップ

HOME > パラボラ工法 > パラボラ工法の紹介

パラボラ工法の紹介パラボラ工法の紹介

パラボラマシンパラボラマシン

鉄蓋診断士制度鉄蓋診断士制度

施工事例・実績施工事例・実績

パラボラ工法の紹介

パラボラ工法イメージ

上下水道・電気・通信・ガス等のマンホール鉄蓋は
全国に約1300万個以上もあると言われています。
従来工法の四角切断、円形切断の切断面は垂直切断で、交通量が多く
軟弱地盤の地域では上部からの力によるズレを起こすことがあり
一度ズレを起こした接合面は雨水の浸入を許し、補修部の崩壊につながる事がありました。
それらを防ぎ、初期投資の廉価な円形の施工法を開発しました。

全国パラボラ工法協会全国パラボラ工法協会

※ 当社は「全国パラボラ工法協会 北海道地区正会員」です

パラボラ工法とは?

円形球面切断によるマンホール鉄蓋維持修繕の新工法です

  • 円形切断用路面カッターに円形球面状のダイヤモンドブレードを取り付け、鉄蓋上に360度回転して表面を切断し無収縮モルタルを使用して鉄蓋の維持修繕作業を行います。
  • 単体移動が可能な円形切断用路面カッターは交通規制範囲を狭められ、短時間で安全に施工できる工法です。
  • パラボラ工法指定のモルタルは1時間後の圧縮強度が10ニュートン以上に達し、悪条件下でも施工が可能です。
  • 円球状の切断面は上部からの力を分散させ、補修面との一体化がより可能です。
  • 鍋底の原理の円球状切断面は補修箇所の陥没や雨水の浸入を妨げる大きな特徴をもっています。
  • 破砕をしない静音撤去・転圧をしない無振動の環境重視の工法です。

パラボラ工法の特色

転圧工程を不要とし、工事工程・工事期間を大幅に削減!短縮!

  • 円球状に切断した塊を撤去し、アンカー施工で鉄枠を固定し早強性無収縮モルタルを充填する事により転圧工程を省き、養生時間を早め、早期道路の解放、交通規制を最小限にすることで安全面への配慮、理想的な環境への配慮を実現。
  1. 円形球面が正確に施工できる
  2. 1箇所を3時間以内に施工できる
  3. 切断塊を無破砕で撤去できる
  4. モルタルは悪条件下でも1時間後の圧縮強度が交通解放が出来る強度に達する
  5. ゼロ擦り付けのフラット仕上げ可能
  6. 仕上げの転圧工程が不要

パラボラ工法の特徴

着手前舗装切断状況(パラボラカッター)舗装切断後鉄蓋受枠設置・メッシュ枠設置無収縮モルタル施工

環境・エコへの配慮

パラボラ工法が取り組んだのは施工エリアの縮小・破砕音・振動の解決
パラボラ工法の施工エリアは市民生活に密着した地域であることを課題とし、進化

従来工法との比較

従来切断は円形、四角にしても垂直切断であり、垂直摩擦力のみの耐久力であった。

パラボラ工法の特長

  • 廉価な設備で誰もが施工できる
  • 施工費用が安い(数万円台)

従来工法の弊害

  • 切断のクロスカット部が残る。
  • 破砕騒音が大きく破砕面積も広い。
  • 交通規制範囲が広く、長時間施工。
  • 産業廃棄物が膨大な量である。(パラボラ工法の20倍の残土発生)
  • 転圧の騒音、振動が大きい。
  • 施工法に基準がなかった。
  • 耐久性に乏しく、補修サイクルが短い。
  • 鉄枠のボルト連結は皆無。
  • 美観的に悪い。

従来工法との比較従来工法との比較

パラボラ工法についてのお問い合わせ&メールフォームパラボラ工法についてのお問い合わせ&メールフォーム